FC2ブログ

拒否もまた自由

2018/12/7 金曜日

終日、諸々。

クイーンっつーバンドの自伝的映画「ボヘミアン・ラプソディ」の話題が、僕の音楽仲間の間でも、もちきりである。
僕も見た。あらためてクィーンの突き抜け具合を認識しつつ、一方で「ゲイ」という存在の受け入れがたさをも再確認した(笑)。
男同士のキスシーンというのは「オエ~っ」でしかなかった。
最近、同性愛や性同一性障害への理解を求めるさまざまなアクションが、世界規模で展開されている。
もちろん、僕もそういった方々の権利を理解し、勇気を持って発言する人をリスペクトもする。
ただ、「男同士が愛し合うのは自由だろ!」というのなら、そういうのを、すまん、生理的に受け付けられんと僕が言うのも自由なはずだ(笑)。
男は女を、女は男を求めたから人類は今日まで生きながらえてきたわけであり、磁石のプラスとプラスが反発しあうように、同性同士(女性同士のことは僕にはわからんが)がくっついているのを目にすることすら、本能的に拒否反応を起こすように設計されているというのが僕の考えだ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR