FC2ブログ

1日が30時間くらいあるとイイのに

2018/9/30 日曜日

本来なら、昨日と今日、旧市民球場跡地にて、毎年2日間で10万人くらい集まるイベントのメインMCをやってるはずが、台風接近につき一昨日に中止が決定。
っつーことで、資料の読み込みとプランニング。やることはいくらでもあるのだ。
最近知った、ある若い研究者は「髭を剃る時間も惜しい」と永久脱毛をしたそうな。
シリコンバレーのトップエンジニアやクリエイターが、いつも同じ服なのも「たくさんあったら選ぶのがめんどくさい」と。スティーブ・ジョブズもそうだった。

さて、facebookページに連載を開始した
「ミュージシャンを取り巻くミもフタもない話その3」

「FEとBEくらいは知っておこう。
知れば<投げ銭ライブ>はできなくなる」

クライアントに助言する場合もセミナーでも、専門用語をほとんど使わず、わかりやすさをモットーとするマーケティングコンサルである私。
しかし、これだけは知ってほしい、いや、知っておくべきと断言したいのが「FE(フロントエンド)とBE(バックエンド)」である。

FEは集客目的の入口商品で、BEは利益を生み出す利益商品だ。
健康食品や化粧品などの試供品的なものがFE、FEを気に入った人が買う本命商品がBE。
うまくいっていない企業は、商品にこのFEとBEの区分けがない。
FEのような格安商品だけか、あるいは高額なBEだけ。
FEしかないとたくさん売らなければならず、いわゆる薄利多売に陥る。
BEだけだと、よっぽどのブランドでない限り敬遠されてしまう。

さて、商品が「本人」となるミュージシャンの場合、このマーケティングの重要な戦術となるFEとBEをどう区分し取り扱うかは、相当に慎重でなければならない。
なぜなら、一度「安っぽい見せ方」をしてしまうと、次に価値を上げることは至難のワザとなるからだ。
私が「投げ銭ライブをやってはいけない」と力説する理由もここにある。
具体的に説明しよう、、、。
(ここから先はセミナーで)
写真 4

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR