FC2ブログ

それぞれの被災地援助のやり方を見て思うこと

2018/7/21 土曜日

すさまじい猛暑が続いている。髪切って命拾いしたかも(笑)。

オリジナル曲「その男ヨシオ」は、僕の祖父である嘉夫が広島に原爆が投下された翌日、爆心地から1.2kmの自宅跡に戻り、瓦礫を拾い集めて露天風呂を作って焼け野原の中で悠々と浸かったという実話がモチーフになっている。
で、最近思うのは一見異常にも思えるこの行動が単に「風呂に入りたかった」あるいは「ワシは負けん」というより、生き残った人に、これまで通り平然と振舞おうとすることで
「まだまだ大丈夫。みんな元気出しましょうで!」と
命がけでメッセージを伝えようとしてのものだった気がしてきた。
45年も前に亡くなった彼に確かめようもないのだがね。

今回の被災地へのさまざまな皆さんの支援のやり方を見てそう感じた。
DSC06758.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR