FC2ブログ

とっとと次回作、、、違約金という名のサギ、、、

2018/6/17 日曜日

終日、執筆。
童話作家として、いよいよ一冊目の上梓が実現しそうな気配を受け、とっとと次回作に取り掛かっている。
なんぼでもアイデアがでてきよる。自分を「**屋」とカテゴライズせずにはいられない人を、つくづく不幸だと思う。

さて、昨日、こんなことがあった。
使ってるスマホのサブ機として、某新規参入企業のPHSを購入したのが4年前。

しかし、ほとんど使わないので、本日解約にいったら女性店員いわく
「違約金として解約手数料1万円です」と。

「おい、違約金が発生するのは買って3年以内に解約した場合でしょ?」

と言うと、

「3年経過後もお客様が使い続けていらっしゃるので<自動更新>され、4年目の昨年から、再度の新規契約となりました。まだそこから1年しか経っておりませんので、違約金が発生します」と。

「こら、そんな理屈で客が納得すると思う?上の人を呼びなさい」

っーことになり
出てきた「上の人」に、得意のディベート術で30分ほど滔々と抗議し、さらに上の「本部」にまで連絡させ、見事チャラにさせましたとさ。

最初に購入した時の店員の説明不足だと?俺の知ったことではない。

この解約時の違約金問題、あちこちでトラブルひきおこしとるらしいので、皆さんも十分ご注意を。
モメそうになったら、「契約時に店員からそのような説明(3年過ぎたら自動的に振り出しに戻るという馬鹿げたしくみ)を受けてない」と言ってみて。
どう考えても悪質だ。
また、マーケティング的観点からも最悪。解約時にこそ、客に対して誠心誠意フォローすることが大事なのである。
それでいうと、マーケティング教材販売で急成長したダイレクトナントカっつー会社からも、すべてとは言わないが、かなり悪どいことをヤラレた経験がある。
こいつらにマーケティングを語る資格なし(笑)。

写真:きょうのジャングルおじさん。
写真 5
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR