FC2ブログ

Don't think

2013/10/5

沖縄辺りにいる台風23号の影響で朝から雨。

終日雑務。妻子や親を、クルマで市内4カ所にピストン輸送。

その合間、苫米地英人さんの最新刊「Dr.苫米地の脳力の使い方」を読む。彼の著作はこの数年で60冊近く読んだ。当初、半分も理解できなかったものが今読み返すと、体験&体感的に内容が完璧に理解できるのだが、この最新刊は苫米地さん初の試みである「超情報場理論」の書籍化。嬉しいことに不明な部分が多い。

そもそも「うん、わかるわかる!」というような本は、ただの「確認」であって読むに値しないか、あるいは読んでいる本人が「わかった気になっている」だけの本なのだ。アマゾンの書評で、この新刊を辛辣にこきおろしていた御仁が再三強調していた「バカにされた感」は、まさに後者であって、壮大な理解不足と勘違いからきている。
それでいい。
この本は超上級者向け。かなり手ごわい。読み手を選ぶ。
僕はあれこれ考えず、体の力を抜き去り、発見の予感に満ちた茫洋たる文字の海に、あおむけになってぽっかり浮かんでみることにする。
ブルース・リーが「考えるな、感じろ」といったのはそこにあると思う。
まずはとにかく、自分は何者でこれまでどう生きてきたとか、何をしてきたかというような自我は捨て去り、「そこに在る」ことを「ただ感じる」のだ。「知っている」というスタンスからは何も得られない。水に慣れて来た頃合いに、潜ってみる=考えればいい。

写真:昨夜のコメリその2。
DSC05964.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR