マーケティングの理想形

2018/5/15 火曜日

終日、執筆やスケジュール調整。

来週から、ラジオのインフォマーシャルプログラムのナレーションをレギュラーで担当するので、その原稿のチェックも。
FMだったり、テレビ番組だったり、18年間、なにかのプログラムにパーソナリティorナレーターとして関わり続けているというのは、我ながらすごいと思う。それもほとんど、自分で売り込みしていないのに、だ。
「なにもせずとも勝手に売れつづける」というのが、マーケティングの理想形であり、声優業はその点かなりうまくいっている。
昨日の話の続きになるが、ミュージシャンやアーティストとして付加価値の高いオリジナリティに富んだ表現を志向する場合、この街は市場=マーケットとして最悪だ。映画でも、芸術でも、演劇でも。
よって、この街で売れたら、より広い世界に通用するとは考えないほうがいい。
写真 3
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
コーチ&コンサルティング型クリエイティブオフィス「西瀬戸メディアラボ」代表。メンタル&フィジカルコーチ、マーケティングコンサル、ライター、ナレーター、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR