FC2ブログ

能動的ストレッチ「トリフェクタ」のインパクト

2018/5/7 月曜日

終日、事務処理その他。

忘備録。
「ストレッチには2種類ある」ということをお馴染みポール・ウェイド「プリズナートレニング2」で初めて知った。
体の一部を分離してそこへ外圧をかける「受動的ストレッチ」と、体の連動性を優先しつつ筋肉で制御しつつ行う「能動的ストレッチ」である。
受動的ストレッチ(世間一般のストレッチがこれに該当)は、血流を促進させ老廃物を取り除くなどリハビリ効果としてのメリットは認めつつも、デメリットも大きい、と。
事実、最近アメリカの大学が、受動的ストレッチをやることでかえって故障を起こすアスリートが多いという調査結果を発表している。
ポール氏が推奨するのが、関節を保護・強化し爆発的な潜在能力を開眼させる「能動的ストレッチ」だ。
少し前から、基本的な3種の能動的ストレッチで構成される「トリフェクタ」にトライしているのだが、すでにいくつかの発見がある。
特にユニークなのが、下の写真の右上にある「Lホールド」。
通常、背中をストレッチするには立つか座ってやる前屈が一般的だが、Lホールドは、股関節や腹部の深層にある筋肉を超ハードに収縮させることで、反対側に位置する脊柱をかつてないレベルでリラックスさせるという真逆の方法。目から鱗の発想だ。
写真左上のブリッジホールド(これで前部をリラックス)とセットで習慣化すれば、完璧な腰痛対策になる。というか腰痛にはもうなれないだろう。
ちなみに僕は現在、Lホールドの20秒を2セットを一日おきに実施。ブリッジと、ヨガの「ねじりのポーズ」にそっくりなツイストホールドは毎日やっている。
効果?やったらわかります。
世間一般で言われている「常識」が疑わしいことは、これも「80:20の法則」で理解可能だ。
写真 11
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR