FC2ブログ

私が証拠だ(笑)

2018/4/23 月曜日

終日、原稿書き。夕方までに約2000字をアップ。

またまた筋トレの話で恐縮である。
40年前からウエイトトレーニングを始め、数年前からは我が師、廣原誠先生が創始されたノーモーション筋トレに移行し、昨年夏からそこへ自重トレーニングをプラスしたわけだが、下の写真の通り、ボディビルのそれとはまるで違う、実用本位というのか、連動性を備えた異形の土着的フォルムを纏うことと相成った。
「ウエイトトレーニングで作った筋肉は使えないというのは大きな間違い」と主張する著名なボディビルダーを知っているが、分断した状態で鍛えた筋肉に連動性など望むべくもない。
一方ノーモーション筋トレや自重筋トレは、たとえば腕を鍛えているつもりが、そこを起点に全身の筋肉も同時に相当な刺激を受けているのがわかる。
だから、ボディビルのような個々の筋肉をデフォルメしたようなものと比較すると、メリハリ感はないかわりに、天然っぽい野太さが強調されることとなる。
故障しにくいというのも大きなメリットだ。きわめて快適。ウエイトトレーニング時代は「いつもどこかを故障していた」っつーくらいシンドかった。
例のポール・ウェイド氏の著作によれば、自重トレーニングを続ければ70過ぎてなお進化が期待できるとあったが、今なら信じられるね。
なにしろ「60代以下の若い人の場合」みたいな記述もあったりする。
最近、50代後半の知人女性2名に武術トレーニングのアドバイスをしており、本当にそうだと思う。
最近の私
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR