FC2ブログ

仏教の経典に絶対性はない

2018/4/22 日曜日

終日雑務。30鉢ある植木の手入れや、メダカの水槽の掃除も。

忘備録。
キリスト教とは違い、仏教の「お経=経典」や「曼荼羅」は、バイブルではない。
脳の縛りを解き人生を輝かせるための脳トレ本であり、「算数ドリル」みたいな役割。
筋トレでいうならダンベルだ。
仏像も、身中に眠る広大な宇宙(空海は「識」と呼んだ)に思いを馳せるための装置であり、本来は拝む対象ではないと思っている。
それが開発された当初は、最先端だったかもしれんが、時代が進めばバージョンアップされて当然のものである。
だから、そのための道具そのものに絶対性があると信じ、必要以上の意味を持たせたり追求してはダメなのだ。それが仏教の論理矛盾を生んでいる気がする。
釈迦も月を指差しこう言った
「指を見るな、月を見よ」と。
「指」とはまさに経典や仏像である。
ちなみにブルース・リーの名言
「考えるな、感じろ」も
これをパクっている。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR