FC2ブログ

夜を重ねて

2018/4/21 土曜日

決して暇ではないのだが、読書熱が上がりまくり、7、8冊を並べ読み。

特に先月の11日にポチって、今頃になってようやく届いたリチャード・ロイド・パリー著「津波の霊たち」は秀逸。
というか、切なくて痛たましくて休憩を入れながらでないと読めん。子を持つ身となってからのような気がするが、やたら涙腺が決壊するのだ。
津波被災地のルポであり、決して「霊の世界」を紐解いているのではないのだが、被災地の方々の霊体験もいくつか綴られている。
あるタクシーの運転手。乗り込んできた悲しげな表情の男性が告げた行き先は、津波ですべてが洗い流された場所。途中、運転手がバックミラーを振り返ると、いつのまにか男性客は消えている。
たまらんのはここからだ。
それでも運転手は運転を続け、指示通り、土台しか残っていない倒壊した家の前に車をつけると、後部ドアをあけ、目に見えない乗客がかつての家に向かって降りていくのをそっと待ってあげるのだ。
生きている者であれ霊であれ、悲しみにくれる人を思いやる人もまた、まぎれもなく被災者である。
歌旅の師匠、豊田勇造さんは「夜を重ねて」という曲で、こう歌っている。

世の中で一番醜いものを 人の心に見て
世の中で一番綺麗なものも 人の心に見る

ほんとにそう思う。ほんとに。
写真 2

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR