ゾンビ歓迎

2018/3/14 水曜日

ミッションが終了した案件が、1年くらい経って前触れもなく蘇ることがあり、個人的に「ゾンビ案件」と呼んでいるのだが、きょう、それがあった。
中四国の企業経営者は、知れば知るほど、その8割が「頭上を行き交う人の足が見えないアリ」と同様に、偶然の産物的に生き残っている人たちである。生き残るためのシステムを知らずにやってこれたのは奇跡以外のなにものでもない。
別件だが、ちょうど1年前、銀行のアシストで経営が傾いている某企業を訪問してヒアリングを行い、これから数ヶ月内にやるべきことを8つ程度助言したことがあった。
その後、銀行担当者から連絡があり、僕の経営診断を受けた経営者が、ショックのあまり数日間寝込んだことを聞かされた。程度の差はあれ、大方がこのレベル。経営者の資質がないのだ。
寝込む暇があるのなら、設備投資も人的戦力補強も不要な、効果実証済みのマーケティングシステムを黙々とやればいいのだ。
このクライアントを診断後、こちらの業界が急速に消え去っていくことを直感したが、実際に目に見える形で閉鎖する店舗が目につき始めている。
まぁいい。ゾンビであっても「やってみよう」と決心すれば、必ずうまくいく。安心していただきたい。
DSC06311.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
コーチ&コンサルティング型クリエイティブオフィス「西瀬戸メディアラボ」代表。メンタル&フィジカルコーチ、マーケティングコンサル、ライター、ナレーター、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR