FC2ブログ

新しいベクトル

2013/9/20

午前中、道場にてIさん指導。

午後より企画業務。
夕方、webデザイナーY氏来宅。現在一緒に取り組んでるプロジェクトの進捗確認と、彼と立ち上げるクリエイターユニット「×α(バイアルファ)」の方向性の打ち合わせも。
僕のゴールの一つは、過疎や高齢化に苦しむ島しょ部、中山間地区に、新しいしくみを提供することにある。
10年くらい前、細見谷渓畔林の大規模林道計画(拡張舗装工事)が進められていたとき、賛成派と反対派の平行線でらちがあかないやり取りを見て、双方をどうすれば説得できるか、客観的に考えまくったことがある(僕はもちろん林道拡張反対派)。
で、思いついたのがこの全長14.4kmの林道を手つかずのまま、一切の自動車&バイクを立ち入り禁止とし、日本最長の「ホースライディング(乗馬)コース」にしてしまうという構想。早速、とある環境月刊誌にこの提言を掲載し、けっこう話題となった。
これならば、豊かな自然は守れるし、周囲の既存施設(吉和の美術館や温泉保養施設)などと相まって、巨大な「癒しフィールド」が完成する。乗馬好きの欧米からも、多くの観光客が呼べるだろう。また、大規模林道で恩恵を受けたかった人々にも、また別の経済効果(林道や森のレンタルなど)も発生する。よって誰もソンしない。結局、例の緑公団の不正発覚でこの大規模林道計画自体が中止になってしまい、ホースライディングも宙に浮いたまま。

でも、やれば面白いと思うし、実はこのテのアイデアはナンボでもある。
webデザイナーのYさんは、休日は奥さんの実家のある大朝町に出かけ、農作業に没頭しており、最近静かなムーブメントになりつつある「ITと農の融合」に関心が高い。先祖帰りするのでも、伝統をすべて否定してハイテクで塗り固めるのでもない。旧と新のハイブリッドというのか、これまでなかった新しいライフスタイルを作り上げるのがこれからのクリエイターの価値ある仕事だと思う。
昨日も書いたけど、TV、新聞、広告代理店、プロダクション、クリエイターの旧態依然のヒエラルキーに、未来もトキメキもまったく感じていないのです。

写真:数日前の夕焼け。東方向。うっすら虹が。
DSC05556.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR