FC2ブログ

神のひとり子としてのことば

2017/12/25 月曜日

諸々、スケジューリング。

年明け早々、内閣府が主導する、とある地方創生プロジェクトのアドバイザー(?)として、島根県は浜田市へ出張することが決まった。
市長さんも同席されるらしいが、誰がプレゼンするかは未定。

この一年、国内外で活躍する「時の人」たちのセミナーに時間を割いて、かなりの数、参加した。あらたな知見を得るためと、自分自身の知識やスキルの「腕試し」である。
で、知見を得られたのはごくわずかで、先方のスキルに関しては「その程度で大丈夫ですか?」と言いたくなるほどだった。
僕のほうがよっぽど修羅場を経験しているし、その引くに引けない場で学んだスキルを片っぱしから試して、なるほど、アメリカで360種以上の業態で効果実証済みなわけだと確認もしている。
空手が通信教育で学べないのと同じ。
だいたいコピーライティングの能力がない者が、マーケティングの専門家を名乗ること自体おかしな話である。
ネットや、それに関わるシステムはすべてツールの手段のひとつに過ぎない。
ビジネスの世界は「文字=コピー」で成り立っているのだ。
その文字空間で、強い臨場感を出せることが重要なのだ。
聖書でも「はじめにことばありき」と言っている。これは「天地創造」より前の状態らしい。そしてそこに「ことば」つまり「神のひとり子」がいたのだ。
はい、仏教徒でありながらキリスト教も勉強しております。
DSC06183.jpg

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR