FC2ブログ

web制作コンペ連勝、、、投票率が6割に満たないなら全員当選無効にしてはどうか、、、

2017/10/24 火曜日

このところ、web制作のコンペはボロ勝ちである。
簡単だ。「こんなのはやっちゃダメですよ」と「よくあるモデル」を最初に見せ、そうではないレスポンスの高い手法を提示すればいいだけ。
ご丁寧にも通常のweb制作会社や広告代理店は、「よくあるモデル」しか出さない(出せない?)のだから、わざわざこっちの手間を省いてもらってる感じ。
ちなみに「webサイト」という媒体自体、数年先には大幅に縮小する。
PCの時代が去ってスマホが主流となりつつある今、誰でもアプリによるスマホサイトが簡単に作れてしまうし、そうなると別の媒体の提案が必要となるだろう。

昼イチ、市内の某映像プロダクションでCMのナレ録り。
クライアントは某金融機関。本日の収録に帯同された広報担当の方が、「マーケティングコンサルの小林さんですよね。いつも広島経済レポートの連載で勉強させてもらってます!」と。
8月に隔週連載をスタートさせてから、月に数回は、初対面の人からこんなふうに声をかけられるようになった。
すごいぞ、広島経済レポート(笑)。
読者の皆さんに役立ててもらえるよう、もっと頑張らんとね。

さて、先の衆院選。
傘が吹き飛ばされそうな豪雨の中、投票には行った。心から押したい政党や候補者がいないまま。
区外の佐藤公治さんが当選したのは嬉しい限り。
なぜ「希望の党」に鞍替えしたのがいまいち不明だが、実際にお会いして話した政治家(4年前、わざわざ我が家までいらっしゃり、リビングにて相当に突っ込んだディスカッションをしたのだ)では、唯一信頼できる方である。
ただ、投票率は過去最低レベルの53.6%。
こんなんでアベさんも「国民に支持をいただきまして」なんていっちゃダメでしょう。
国民の約半数が、選ぶ政党がないか、政治になにも期待してないことの表れだ。
というか、そこに野党に投票した人を足すと、国民の大半が与党を支持してないことになる。
だからいっそのこと、投票率が6割に満たない場合は全員当選無効にしてもいいと思う。
で、6割に達するまで何度でもやり直せばいいじゃん。
それが民主主義というものだ。

写真:随分前に買って、どういうわけか読むのを中断していた「星を継ぐもの」。久しぶりにページを開くと面白すぎて止まらなくなった。とてつもないスケール感と、学術的根拠をベースにした闊達な推論、そしてプロットの妙。さすがSF界の最高傑作といわれるだけのことはある。
写真 3

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR