姿の見えない敵とは?

2017/10/9 月曜日

起床後、いつもの朝行(瞑想、気功、西式、ヨガ、ストレッチ、筋トレ)をトータル1時間半みっちりやって、スケジュールを見ると、きょうはなにも予定なし。
よって終日、読書。

夕方、マイカルワーナーにてクリストファー・ノーランの「ダンケルク」を観る。
ノーラン監督の作品はほとんどDVDで持っているほどファンなのだが、これは唯一、製作動機がまったく不明。

第二次大戦を描いたハリウッド映画はエンディングで「この映画を、第二次大戦で勇敢に戦ったすべての連合軍に捧げる」っつーのが、必ずと言っていいほど出てきてうんざりさせられる。

この作品も、そういうニュアンスが少しあるのだ。
なぜこのタイミングで大英帝国讃歌?
もうひとつ不思議なのが、攻撃してくるドイツ兵は、姿どころか顔すらまったく出て来ない。
「銃弾」と「威圧感」のみ。姿の見えぬ敵とは?
DSC05953.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
コーチ&コンサルティング型クリエイティブオフィス「西瀬戸メディアラボ」代表。メンタル&フィジカルコーチ、マーケティングコンサル、ライター、ナレーター、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR