FC2ブログ

内部表現は関数であり「識」である

2017/9/17 日曜日

終日諸々。

休日で、しかも台風襲来となれば、なににも煩わされることなく集中して仕事ができる。

コーチングや催眠術の用語で「内部表現書き換え」というものがある。僕のコーチングを受けた人ならある程度理解しているだろうが、そもそも「内部表現」とはなにか。
一言で言うなら「関数」である。「ある変数に依存して決まる値」だ。自我ともいえる。
で、当然、この関数は一人一人違う。
ある人にとってミック・ジャガーは神のような存在であるが、別の人にとっては意識にすらのぼらないどうでもいいオッサン、というように重要度も関数によって導かれる。
関数=内部表現を書き換える、あるいはあらたに出現させるのは容易ではなく、ここにコーチングが必要となってくるわけだ。
ある事象に関し「俺は知っている」と言った瞬間、彼は知り得ない膨大な世界を同時に提示している。つまり「知らない」と言っているのと同じ。
この未開発の関数を、弘法大師空海は「識」と表現したのだと思う。

写真:台風で我が家に避難してきた方。
写真 3
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR