FC2ブログ

ジャージで稽古することのメリット

2017/8/10 木曜日

終日あれこれ。

夕方、道場にて稽古指導。昨年末に入門した女性門下生Mさんに、道着を支給する。
前にも書いた気がするが、入門当初、ジャージで稽古すると体の線や足の向き、重心が道着着用よりはっきり見え、指導しやすいことを発見。また、彼女が難病指定の複数の持病があったのでリタイアもあるかなと。
結局、退会することなく稽古に励み、ほとんどの持病もほぼ快復。本日、満を持し、初めて道着を着用しての稽古となったが、いきなりカッコよくて笑ってしまった。
入門当時とは格段に、というか別人のように動きがよく、基本も出来つつある。本人の努力次第だが。
これからが楽しみ。

写真:もうひとり、やはり昨年末に入門した女性門下生Mちゃんの道着もスタンバイ。彼女もまた難病指定の持病があるが、そのうち忘れるような気もする。
写真 5
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR