言われた通りやればいいという時代の終焉

2017/8/7 月曜日

台風5号接近中の強い風雨の中、市内某所のスタジオにて、とある高級外車のラジオCM録り。
背後の効果音を聴かせてもらうと、ディレクターに「かんな感じ」と指示されたのとは別のイメージが浮かび、「こんなのどうスか?」とやってみせるとすこぶる好評。
最近つくづく思うのだが、ニュースを読んだり司会をやるのでなければ、ナレーターは「声優」の勉強をし表現力を高めておくべきだ。関西のFM局では、すでにニュース原稿をAmazonが提供を開始したアプリを使ったAIアナウンサーが読み始めている。
こうあらねばならないとか、なになにするべきとか、自分勝手あるいは業界勝手な思い込みから逸脱したところにヒントはなんぼでも転がっている。

写真:昨日の夕景。72年前のあの日、紅蓮の炎で焦がされた広島の空もこんなだったのだろうか、と思わせるような。
DSC05760.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
コーチ&コンサルティング型クリエイティブオフィス「西瀬戸メディアラボ」代表。メンタル&フィジカルコーチ、マーケティングコンサル、ライター、ナレーター、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR