FC2ブログ

ときどきハラがたつこと

2017/6/23 金曜日

終日諸々。

夜、広島ホームテレビにてナレ収録。

某歌舞伎役者さんの奥方が乳がんの闘病の末、亡くなった。
通常は芸能ネタにはまったく興味はないのだが、あえて世間に公表し、乳がんと前向きに向き合う日々をつづったブログは、ときどき拝見させてもらっていた。
振り返れば僕の相次いで亡くなった親友たちも、3人ともガンであった。
うち、乳がんだったTさんは、頻繁に健康診断を受けていたし、別のガンの2人は、かなりの健康食品志向。
そんな3人がなぜ発症し、死なねばならなかったのを思うといまだハラがたってしょうがない。
僕は医者ではない。
だが、体の仕組みに関しては西洋医学の守備範囲外の部分でプロでありたい、そして西洋医学から見放された方の、なにかしら支えになれないかという思いで、Tさんが旅立った10数年前から、僕は日々の修練を全面的に見直し、ここまで膨大な時間を投資して研究実践を重ねてきた。
もうはっきりいうけどね、ウチの道場生の何人かは、西洋医学から「一生治りません」「手術しないと無理です」と言い切られ、家族も含め、すがるような気持ちで当道場の門を叩いたんだよ。
現在、ほとんど完治し、残る一人も快方に向かっている。
ほんと、医者も簡単に発達障害やら自閉症やらウツやら言うなと思う。
もちろん、西洋医学を否定するのではない。歯医者に行くし、骨折や裂傷では、救急病院に何度も世話になったし、僕の気功の師匠も、初期の腫瘍は病院で切ってもらった方が速い場合があると言っている。
要は治ればいいのだ。
あっちは西洋こっちは自然療法などという垣根が、とっととなくならんものか。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR