FC2ブログ

それでも打つ手は存在する、、、国会議員の国家試験義務化、、、

2017/5/22 月曜日

昼イチ、某金融機関担当者と西区の新規クライアント本社を訪問。3時間半にわたって、ヒアリング&助言。
こちらの業態は全国的規模で今後さらなる逆風にさらされることになるだろう。
しかしそれでも、打つ手は必ず存在する。
信用し、実践してくれたら効果は99%保証できる(不完全性定理により「絶対」は存在しないので)。安心して任せてほしい。

忘備録。
与党の首相や大半の大臣など、そのハンパないIQの低さに辟易させられる。
言ってること、やってること、すべて無茶苦茶。もちろん、そこを崩せない野党も似たり寄ったりだ。精神鑑定も含めた国家試験をクリアした者のみ国会議員としての資格を与えるという制度が望ましい。
前にも書いたが「民主主義=多数決」では真に価値ある政は行えない。
今そこにある問題は、今までの頭ではクリアできるわけないのだ。旧態以前どころか、先祖返りしているような自民党は害悪以外のなにものでもない。

写真:マンツーマン稽古制をとっている心体育道小林道場は、現在週4回ペースで指導に当たっている。で、今年から大幅に組手の時間を増やしているのだが、道場生には手加減なしで受け&攻撃をするように言っているので、サンドバッグとなる僕はこういった生傷が絶えない(‘~`;)。もちろん、道場生にはケガをさせることはないよう十分配慮している。
組手を増やした効果で、「捌きの型」が活きてきたし、タイミングの計り方もうまくなってきた。
写真 2
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR