FC2ブログ

ただひとつのきみの名を呼ぶ

2017/2/25 土曜日

本日も絶賛マーケティング作業。
ということで、夕方、あるプロジェクトの販促ツールがすべて完成。週明けから配送する。

年明けから分析哲学を学んできて、目が回るほどの膨大な気づきを得ている。
たとえば、霊とかスピリチュアルとか関係なしに、亡くなった人が平行可能性宇宙では生きてる、ということ。
今でもよくあることだが、本なり映画なりに感動し、「これ、Aさん生きてたら面白がるだろうな」と思った瞬間、そのように意識を向けた今生きている僕は、Aさんに働きかけ、あるいは働きかけられているわけで、Aさんもまた存在しているのだ。
坂本龍馬が好きな人は「龍馬さんならどうするか」と考えたりするだろう。この時、龍馬は生きているのだ。
クリプキの言う、「ネーミング」とは、宇宙からたったひとつの存在を選び出す、とてつもなくスペシャルな行為である。
10数年前、僕の親友Tさんが乳がんで亡くなったとき、僕は彼女に向け「春は流れて」という曲を作った。
その頃、分析哲学のことは知らなかったが、「ただひとつのきみの名を呼ぶ」こともまたネーミングであり、平行可能世界の時空を超えて語り、響き合うための方法と思うのだ。
そういえば、大ヒット中のアニメ映画「君の名は。」もテーマは似てるのかも。

「春は流れて」

春は流れ 春は流れ
狂おしく 狂おしく
とめどなく とめどなく
巡りくる 巡りゆく

刹那にひそむ 天上への階(きざはし)
闇は輝き 体は塵となり
またいつか会おう 旅路の果てに
ただひとつの きみの名を呼ぶよ

花は咲き 花は散り
夥しく 夥しく
風は立ち 雨の気配
もう少しだけ もう少しだけ

地平に霞む オリオンの三ツ星
去りゆく魂に 一杯の水を
またいつか会おう 旅路の果てに
ただひとつの きみの名を呼ぶよ
DSC04893.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR