FC2ブログ

認識の落差

2016/12/21 水曜日

午前中、プランニング。

午後より、某映像プロダクションにて、レギュラーで担当しているCMの2017年バージョンのナレ収録。
午後1時半から、と聞いていたので、その通りに行ったわけであるが、クライアント(広告主)には間違った時間が伝えられていたようで、待つ間の一時間、ディレクターさんたちにたずねられるまま、「マーケティング」に関してレクチャー。
で、世間一般に思われている、マーケーティングの意味するところと、僕が実際にコンサルティングしているそれとの大きなギャップを改めて認識。
たとえば。
全国的に名が知られている大手マーケティングコンサル会社「**総研」が提供しているようなサービスは、僕が志向するアメリカ発のDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)とはまったく別のものであることが理解されていない。
一番わかりやすいのが、**総研のコンサルタントは、コピーライターか、それに準ずるスキルを備えていないということだ。
言葉=メッセージを操れるものが、マーケティングを制するのであり、これがないならアメリカではマーケティングコンサルとは絶対に認められない。事実、アメリカの広告業界ではコピーライターこそが王様なのだ。ホントですよ。
よって、メッセージを操れない**総研は、基本的には経営コンサルと変わらないということ。
巷でたやすく使われる肩書き「クリエイター」とは、本来「創造主」の意味である。創造主とは「言葉で表せる者」だ。まずは言葉で伝えられてこそ、クリエイターを名乗れるのである。
きょうのように、いろんな業界の方と積極的にディスカッションすることで、自分自身が見落としている課題にも出会える。
もっとおしゃべりになろうと思った。
DSC03820.jpg

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR