FC2ブログ

ボランティア日本語学校に「現代の寺子屋」を見た

2016/11/26 土曜日

午前中、約一カ月ぶりに、広島フェニックスホールにて日本語ボランティア指導。
先週開催された「留学生の日本語スピーチ広島大会(というような名前だった)」において、この日本語教室「はるかぜ」の生徒が、なんと1〜3位まで独占したとか。僕がこちらの教室の講師になってまだ数カ月であり、ほとんど役立ってはいないけれど、嬉しい限り。
授業料はタダ。教室もフェニックスホール1Fの無料自習室。こういう環境でも、バリバリに日本語が話せる外国人を輩出可能なのである。
、、、、寺子屋じゃん。
思えば、江戸時代の末期、日本が世界に冠たる学力水準を誇れたのも、幕府や藩とは無関係に、民間が自主的にたちあげた、これら教育施設(全国に約2万軒!)の下支えがあったからにほかならない。
ちなみに先生は、浪人、医者、僧侶、町人、主婦。授業料は「各々払える額」が一般的だったようで、カネのない家は「野菜」「餅」「スルメ」という良心的設定(笑)。
「地域への社会貢献」という漠然とした気持ちで始めた日本語指導であるが、使命感が明確に立ち上がってきた気がする。

写真:江戸時代の寺子屋風景。日本人て、エライね。
寺子屋
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR