FC2ブログ

良くも悪くも旧システム崩壊の序章?

2016/11/10 木曜日

終日、打ち合わせ、プランニング、セルフマーケティング。

今回のアメリカ大統領選。
実は木村太郎氏以外にも、トランプ当選を断言していた評論家、ジャーナリストが数人いる。
彼らに共通しているのは、独自の周到な現地調査で、CNNをはじめとする大手メディアの情報操作により、かなりの国民がトランプ支持を公然と口にできないでいる状況を見抜いたからであり、大番狂わせでもなんでもない。
ここで注目すべきは、大手メディアのごまかしが、TV依存のアメリカでも通用しなくなったこと。
日本でもながらく「伏魔殿」であった電通が、ブラック企業として叩かれ始めたのを見ると、超情報化時代にあって既存の「当たり前」が、過去のものになりつつあるのが、うかがえ興味深い。
トランプ大統領の出現は、良くも悪くも、強烈な起爆剤として作用するだろう。
見直さなければならないのだ。
なにもかも。

そんな思いで、今夜のアメリカと日本を結んでの有料ネットセミナーを聞いたら、大統領選に関するさらに面白い話がいろいろ出てきた。
ヒラリー氏が国務長官時代の2010年、自分の不利な情報を掌握しているウィキリークスのアサンジ氏を「ドローンで暗殺できないか?」と可能性を探った事実が、国務庁の資料にも残っている(情報公開制度に従って公開)ことや、アメリカの大手新聞社の9割が今回の選挙でヒラリーに献金していた、などなど。
また、笑ったのが、スタンフォード大学フーバー研究所の大学教授のコメント。

「大統領選の終盤に、参勤交代のようにアメリカに来て、ヒラリーにだけ会って2ショットで写真に収まり、あろうことかトランプをスルーして帰った安倍首相は、いうなれば関ヶ原の戦いが始まった直後、豊臣方につくほどの大ポカをやらかした。トランプ=徳川家康は、この侮辱を忘れないだろう。すでに信頼ゼロ」と。

わかりやすいなぁ(笑)。

TPPもオバマへの義理立てだろうが、日本の政治家は先を読む能力、ほんとにないね。
とらちゃん
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR