FC2ブログ

68回忌

2013/8/6

原爆投下から68回目の朝。家族揃って黙祷。

先日、某TVで「はだしのゲン」が紹介されているのを見て、セガレが読んでみたいというので買って来てやる。原爆投下時、ゲンは小学2年生。作者、中沢啓治さんの投影である主人公が、あの時代をどう生きぬいてきたか、同世代としてどう感じるのだろうか。
時々「こわいこわい」と言いながらも、2時間ほど第一巻にかじりついていた。

写真:僕の親族も大半が被爆死している。生き残った者は「自分だけが」という負い目を長く引きずることが多かったと聞く。そして僕の祖父ヨシオもたぶんその1人だった。

「庭の向日葵の背丈も延びてきた。
もうすぐ花も咲くであろう。
そうだ、あの日も向日葵が咲いていたっけ、、、」

という書き出しで始まる彼の体験録「ある鎮魂歌」がなければ、僕のオリジナルソング「その男ヨシオ」も「向日葵」も存在していない。
写真
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR