FC2ブログ

幕末芸州広島藩研究会

2016/10/20 木曜日

夜、市内某所にて開催の「第七回幕末芸州広島藩研究会」に初参加。
講師は、作家の穂高健一さんで、本日の演題は「幕末史最大の謎。大政奉還から鳥羽伏見の戦いまで、何が起きたのか」。
常々、世間一般に認知され、学校でも教えている明治維新など、大英帝国が仕組んだ壮大な茶番であると見ている自分としては、その時期、芸州広島藩が存在しないかのごとく、史実からすっぽり抜け落ちていることを物足りなく思ってきた。
その「空白」が、明かされるというのだから気も血も逸るわけでございます。
はたして、穂高氏の語るあれこれ(「薩長」の力学だけで、260諸藩が反徳川になびいたりしない。なぜ尾張徳川も、紀州徳川も、新政府軍についたのか。鳥羽伏見の戦いにおいて、新政府軍は敗戦も覚悟し、天皇を芸州・備後方面に隠す計画だった、等々)は、期待にそぐわぬどころか目から鱗の連続で、はぁ、俺はまったく広島を見誤っていたのだなと。
すごいぞ我が郷土(笑)。
もちろん、穂高さん渾身の幕末小説「二十歳の炎」もサイン入りのやつを買わせていただいた。
この会の主催者2名が旧知の友人であるし、今後、なんらかの形で支援していきたいと思ったりしている。
写真
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR