FC2ブログ

すばらしき音楽の世界

2016/10/9 日曜日

環境イベント「環っはっはin吉島2016」に歌のゲストとしてソロ出演。
出番は午後だったはずが、他の出演者からの要望で午前10時10分スタートに変更となったと知らされたのは昨日のこと。まぁ、一人なのでこのようなアクシデントは影響なし。
さて、10時の開門から10分後、いつもの屋根なしのステージに立ったはいいが、ステージ前の客席(ビールケースの上に座布団を置くタイプ)には、驚きんさんな、客はたったの一人じゃよ!
夢にまで見た、僕と客、一対一のガチンコ勝負が、だしぬけに実現したのである。
いや、開門直後ということで少し予想はしていたのだ。会場内には音はしっかり届いているわけだし、そのうち集まってくるだろうと、我が必殺剣、ドイツ製倍音フルート「フトゥヤラ」の長尺形態バージョンを構え、最初の一息をそっと吹き込んだ、、、はずが、音がまったく出んじゃん?!
は????
もしや、、、この、数分前から急に強くなった海風の影響なのか?
そういえばずいぶん前、フルート吹きから、強風の野外コンサートで音がまったく出なくて悲惨だったという話を聞いたことがある(サックスやほかの金管楽器は問題なかったそうな)。しくみはよくわからんが、強い風がフルート内部の発音原理を妨害している可能性が高い。
ならば、管をとことん短くし、息を強めにキープすれば風に対抗できるかも?
そこで、下半分のアタッチメントを外し、マウスピースをホースタイプに差し替え、強い息を吹きっぱなしとなる「風炎」をやってみたところ、うまくいった。
出だしは躓きはしたものの、4弦エレガットに持ち替えての残り45分間は、皮肉にも声のコントロール、リズムのキレなど、今シーズン最高の仕上がり。
結局、ラストの曲でも客は6人にとどまりはしたものの(うち一人は赤ちゃん。笑)、なんとも得難い経験をさせてもらった。
トラブルに対する迅速なリカバリーと、なにより少ない客一人一人への集中力が途切れなかったことが評価できる。
フトゥヤラの意外な弱点も発見できた。
ギャラ+ダンボール一箱分の新鮮野菜を車に積んで、久しく味あわなかった音楽をやることの喜びというか達成感に、胸を満たされつつ家路につきましたとさ。
写真 5
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR