FC2ブログ

熱狂とコーフン、、、先駆者として、、、

2016/6/24 金曜日

中小企業支援プロジェクト、あたらに2件決定。
パートナー契約を結んでいる某デザインプロダクションと共同で進めているマーケティング専門誌、発刊に向けまた一歩前へ。
大雨洪水警報発令にて、今週だけでも今日を含め2度、セガレを小学校へ迎えに行く(これがS小学校のレギュレーション)。
というわけで、熱狂とコーフンのうちに、気がつけば金曜日。

関係者各位。
「もうコピーライターはやってもらえないのか」との問い合わせにおこたえします。
マーケティングコンサル業の中に含まれるライティングは当然やりますが、単体で受ける場合も、主軸はマーケティングコンサルですから、条件が2つあります。
ひとつは、コンペには参加しないこと。
クライアントが先に作るもの(メディア)と予算を決めたなかでやるのは、マーケットを決めてからメディアを考えるダイレクトレスポンスマーケティングの戦略に反するものだからです。
もうひとつはキャッチコピー、ボディコピーに関わらず、基本、よほどの理由がない限り、こちらの案を優先させてもらうということ。
決して僕の趣味を押し付けるのではありません。
コピーとは、前述したように、マーケットを俯瞰しターゲットを見据えた上で導き出したマーケティングの「メッセージ」にあたる重要な部分であり、クライアントに良し悪しの判断ができるわけがないからです。
判断できるというのであれば、僕のコンサルは必要ありません。ほかのコピーライターに依頼なさってください。クライアントが気にいるまで、何案も書いてくれることでしょう。
こんな無意味で無駄なことをやっているのは日本だけです。
生意気かもしれませんが、中四国エリアにおけるマーケティングコンサルという新しい職業の社会的地位を確立する先駆者(あるいは無法者)として、ここらへんの線引きは、しっかりやっていきたいのです。

写真:広島の老舗ロックバー「MAC」が今週いっぱいで閉店することになったという知らせを受け、先日、急遽駆けつけた。移転する前から通い始めて33年か。
僕に気づくとマックさんは、いつものようにボブ・マーリィをかけてくれ、それから将棋をさしはじめた。ここで出会った人、音楽、、、これからもかけがえのない財産であり続けるだろう。
DSC03449.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR