FC2ブログ

レジェンドとの邂逅

2016/5/7 土曜日

夜、加古町の「OTIS!」にて、歌旅の師匠、豊田勇造さんのライブ。
たまげることに客は普段の倍近く約50人。当然立ち見も。
僕は例によってOAをつとめ、フトゥヤラで「風炎」、ギターで「海の向こうで戦争が始まる」「桜吹雪(勇造さんのカバー)」「横を向いて歩こう」をやる。
「桜吹雪」では、なんと、勇造さんがハープでセッションしてくれ、感謝感激。その他の曲も異様にウケる。
一方、勇造さん。新曲が多く、いつにも増して絶好調。「あと数年、70才までやるで」とのことだが、80までいけると本気で思う。素晴らしい。

ところでライブ終了後、嬉しいハプニング。
店の前で涼んでいると(あまりの人数にクーラーがきかなかった?)初老の男性が近寄って来て

「キミの歌、素晴らしかった。僕、黒田と言います。また会いましょう」

そう言って握手して立ち去って行った。

絶対どっかで見た事ある顔なんだが、、、
などと思いながら平和公園方向へ向かう彼の背中を見送っていると、そばにいた女性が
「あの方、画家なんですよ」と。

画家?、、、黒田?、、、

ええっ、イラストレーターの黒田征太郎さん??

その瞬間「黒田さ〜ん!待って〜!」と小学生のように叫びつつダッシュしていた私。

無事、憧れの画家であった彼に追いつき、そこで交わした濃過ぎる会話はヤボなのでここには書かないが、なにか勝手に新しいアクションが始まる予感がしとるわけです。
それにしても驚いた。黒田征太郎さんが勇造さんと知り合いで、それも広島で出会えるとは。
ゆうぞう
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR