FC2ブログ

10年の沈黙

2016/3/6 日曜日

午前中、道場にてIさん指導。

午後より、今後のビジネス展開のプランニング。
マーケティングに関する海外の書籍をメインに扱っている出版社社長O氏(彼自身もコピーライター)のブログに面白いことが書いてあった。
自己啓発の本でよく目にする「好きなことを仕事にすれば成功する」というのは、本当か?と。
「成功」を「楽しい」のか「儲かる」のか、どっちに定義するかで見解は別れるだろ、という声もあるだろうが、楽しくても食えないのでは仕事として成り立ってないわけだから、この場合の成功は「充分食えている」となる。
で、彼は、そんなヤツは決して多数ではない、と。
その逆に「カネを儲けていても、仕事が好きでなく苦痛を感じている者は多い」と。
僕の周りを見ても、好きなことをやって食えてない者、好きでないことやって儲けている者、両方いる。
ようするに、
「好きなことを仕事にすれば成功する」は半分当たって半分はハズレ。正しくは「好きなことを仕事にして、それが顧客に評価されれば、成功する」というべきでしょ、
そう結論づけている。

そして「好きな道で成功するには10年以上の実践時間が必要」と。
これを「10年の沈黙」と呼ぶらしい。
フリーランスになって、これからの広告表現ビジネスはどうあるべきか、孤独な模索と実践を延々繰り返したのが約10年。「これはイケるんではないか」と思える手法に出会ったのが、当日報に何度も書いているように2014年5月1日のこと(「スキルのバージョンアップ」)。「前例がない」ことを理由に、あちこちで提案を拒否され続けてきたが、メゲる必要はまるでなかった。成功には欠かせない年月だったのだ。
これは、最近、私のオクターヴ・メソッド上級コースでレクチャーしている「99:1の法則」のしくみと符合する。
これがもっと早くわかっていれば、10年の沈黙をもっとラクな気分で過ごせたかも?(笑)
12809586_669747316500256_8644855407299083368_n.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR