FC2ブログ

仮説ありき

2016/1/26 火曜日

終日、ほぼ昨日と同じ内容。が、ちゃんと進展あり。日程が決まり、カレンダーが埋まっていくのは気持ちがよろしい。

それと数日前から、主に電話で、フリーランスのクリエイター数人に、僕の考えた新しいビジネスモデルを提言。広告業界において、今や1つの仕事しかこなせないというのは致命的である。具体的に言うと、明日から突然食えなくなる可能性が高い。
だからといって、別のスキルを早急に身につけましょう、というのではない。
「繋がる」のだ。出来ない部分を補完しあうのだ。これをやるには「労働型ビジネス」から「経営型ビジネス」へ、自らの姿勢と思想をパラダイムシフトする必要がある。会社を立ち上げる必要はなく、バラバラのままでいい。ミッションに応じ、フレキシブルに適切なフォーメーションへと切り替えるのだ。
まず「仮説」ありき。冴えた、躍動感のあるビジネスは妄想からスタートする。

忘備録。
昨年秋から信頼おけるメンターから特殊なコーチングを受けて4カ月が経過。守秘義務があるので内容は明かせぬが、効果は絶大だった。受けて良かった。
「コーチであるあなた自身が、なんでコーチングを受ける必要あるのか?」と首を傾げる方もいるだろうが、あるフェーズ(オクターヴ)に達し、そこからさらに上を目指すなら、コーチの存在は不可欠だ。それほど自分のことはわからない。なにより客観視できないのだ。

写真:昨年末に買ったブルガリアンサンドバッグ(15kg)がなかなかに面白い。振り回したり、持ち上げたり、数十種類の使い方ができ、体をまんべんなく鍛えることが出来るということで、総合系格闘家のあいだでも流行っている。先日優勝した琴奨菊もケトンベルという似たような効果が期待できる器具を夏から使って故障が減り調子が良くなったそうだ。
ブルガリアン
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR