FC2ブログ

パーソナルアレンジが必要

2014/4/30 水曜日

午前中、道場にてY氏指導。柔道黒帯のYさん、実に素直で飲み込みが早い。

忘備録。
独自開発したコーチング「オクターヴ・メソッド」をスタートさせてからも、話題になっているとのウワサを耳にした他のコーチングは一応チェックし、本を取り寄せたり映像を見たりして参考になるものは盗んでやろうと思っているのだが、正直、そのレベルのものには出会ってない。
疑問に思うのは、多くの既存コーチングが完全にライセンスビジネス化しており「金儲け」にウエイトが置かれているということ。釈迦が、弟子に対して説いた説法は「待機説法」と呼ばれるもので、相手の能力や理解度に応じて、内容やトーンを変えて話していたそうだが、コーチングにも、このようなパーソナルアレンジが不可欠であると僕は考える。ライセンスビジネス化しているものは、コーチングではなく「講演」に近い(それはそれでいいのかもしれないが)。
内容も、高額な金銭に似合ったものではなく、なかには詐欺まがいに思えるものも少なくない。
「視点を広くしろ」「自分のキャラを飛び越えろ」「その一歩を踏み出せ」、、、、どこがコーチングなのだろう。それが簡単に出来りゃコーチングなんぞ必要なかろう。
仮にそれを受けた人が「なるほど!」と納得したとする。けれどそれは武道に例えるなら、武術書を読んだだけで「やった、武術が身に付いた。これで人を吹っ飛ばせる」と勘違いさせる可能性があるわけで。
生兵法は怪我のもとですよ。体感をともなわないものは実戦で使えん。

一人一人にたっぷり時間をかける僕のコーチングは、たしかにビジネスとしては効率が良いとは言えないかもしれないが、真摯に向き合うこのスタイルを僕は気に入っている。クライアントとの密な時間の中で、こちらも気付きを得ることが多い。
なにより、クライアントがわずか1、2カ月あたりで格段に成長していくのを見れるのが快感だったりする。

写真:購入から12年が経つ、アイスブルーのリーヴァイスGジャン。暖かなくなったとはいえ、夜はまだコーデュロイがありがたい。
写真
プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR