FC2ブログ

ヒーリングライブでヨヨイのヨイ

2013/11/30 土曜日

午後、佐伯区の「天行院(てんこういん)」にて、ミュージシャン高木美佳さんのヒーリングライブにフトゥヤラ奏者としてゲスト出演す。
もともと、美佳さんのヒーリングライブに客の一人として参加すべくメールを送ったところ、彼女の要請でセッションすることになったもの。
天行院は、ヒーリングアーティストの第一人者である高木一行さんが、武術を含む修練の場として建てられた、れっきとした道場。
「ヒーリング」と銘打ってあることから、東京芸大打楽器科卒の美佳さんがマリンバ、ヴィブラフォン、電子パイプオルガン、パーカッションなどを駆使してバッハの曲を演奏する合間に、一行さんのお弟子さんたちが「熱鍼法(ねっしんほう)」と呼ばれる施術をオーディエンスに施してくれると言う、ありえんほど贅沢なライブ(笑)。
戦前に開発され民間療法として普及し、現在は電気機器によって進化した施術を手、耳、後頭部、腰にやってもらったが、極度のくすぐったがり屋のため、あらゆるマッサージ類を拒否していた僕が、ほとんど抵抗なく受け入れたのも不思議だったし、施術を受けた部位は、はっきりと感覚が高まるのも実感でき、非常に面白い体験だった。

ライブ後半、僕のフトゥヤラと美佳さんの太鼓(トルコの打楽器「スーフィー」)でセッション。なんともオリエンタルな雰囲気の幻想的な太鼓の響きに導かれるように、オリジナルの「空蝉」「風炎」もいつもと違うフレーズが出てくる。スピーカーがほぼ正方形の道場の4隅に配してあるせいか、僕自身が楽器の中にいるような心地よさを味わいながらの演奏。
皆さん、喜んでいただけたようでひと安心。美佳さんはライブをやるのは20年ぶり(!)ということだったが、この人はハンパなくすごい。
今後、彼女に表現の場を紹介したいし、セッションもぜひお願いしたい。ライブ終了後は美佳さんのご自宅に案内され、特性カレーまでごちそうになってしまった。
あ〜、濃密過ぎる一日(笑)。この縁、大切にしたい。

写真:電子パイプオルガンで奏でられるバッハは、「宇宙の旋律」とでもいいたくなるほどの突き抜けぶり。楽器も見た目からして「神殿」のようである(笑)。
DSC06704.jpg
プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR