fc2ブログ

2023年7月15日(土)@広島市「音魂(おんたま)」ライブ詳細

2023/7/9(日)

今週15日に予定している私のライブですが
せっかくCARP JAZZでも活躍中の河村貴之氏が
ゲスト出演してくれるということで
私の「広島カープ物語」の朗読と彼のトランペットで
ラジオドラマ風にセッションする案が浮上。
というか絶対やるわ。
さらには、ヴァイオリニスト、小林智子もサポート決定。
こりゃ聞きにこにゃソンで、ほんま(^-^)/

CROSS BORDER MUSIC FIELD
越境的音楽世界2023夏
三代目春駒✖️梶山シュウ✖️河村貴之
~琉球幻想、そしてヒロシマクロニクル~

2023年7月15日(土)@広島市「音魂(おんたま)」
*開場/午後7:00
*開演/午後7:30
*入場料3000円(要ワンドリンクオーダー)
*問い合わせ/音魂(おんたま)
広島市中区富士見町1-1 B1F
080-7009-2060(17時以降、担当フジマル)
スポンサーサイト



80:20そのままの日本

2023/7/2(日)

ここだけの話。
周囲で具合の悪くなる人が激増中。
ミュージシャンも結構な数おり
ライブ延期、活動中止を余儀なくされている。
私の知る限りでは、ほぼ全員が複数回摂取済み。
この件に関し、Facebookでは何度も
治験中段階なのでくれぐれもご用心をと注意喚起を呼びかけ
「おかげで踏みとどまれた」という感謝の声も多くもらっている。
アメリカからの興味深いデータがある。
アーミッシュのコロニーでは、コロナによる死亡率は
ほかのアメリカの地域の90分の1だったと。
90分の1。書き間違いではない
ワクチンを拒否し
ロックダウンもせず
マスクもせず、
ソーシャルディスタンスも守らなかったアーミッシュ。
というか、同じく上記4つに当てはまる私の友人もまた、
皆ピンピンしている。
ここでもまた、
パレートの「80:20の法則」が証明された。

エイリアンの赤ちゃん、、、富は投資せよ、、、道場生復帰、、、

2023/6/1(木)

助言し始めてから1年以上になるクライアントさんは
例外なく収益を上げまくっており、昨日もそのうちの一人から
「受け取って欲しい」と特別ボーナスをいただいた。
クライアントにはいつもお伝えしているのだが
しっかりカネを稼ぐことに罪悪感を覚える必要はまったくない。
富めば、その資金を元に新しいアクションを起こせるわけで、
このクライアントさんも、数年来温め続けていた「あること」に投資するとか。
そう、投資が重要。稼いだカネで高級車を乗り回すのとはレベルが違う。

私は中四国初のマーケティングコンサルとしてデビューして9年になる。
数十年間、理不尽なヒエラルキーに支配され続ける社会構造を
「エイリアンの赤ちゃん」のごとく
中から食い破るには、一人一人の事業者が実践マーケティングのスキルを身につけるのがいい、
そんな思いから、私の考えに共鳴し是非にとお声がけいただいた方に
助言をしてきた。
で、気づけば私もまずまずの富を得つつある。
これを資本とすれば、あれもそれもできるな、と気づいたところ。
自分を成長させてくれるステージとなるだろう。

さて、午後。
以前うちに通っていた女性道場生が1年ぶりにやってきた。
私より年長者で、ヒザの痛みで社会生活もままならないということをメールで知り
なんとかなるかもとこちらから誘ってみたのだ。
心体育道の武術養生法からスタートし、独自に研究してきた整体法みたいなものをやり
ヒザに負担のかからない足の運び(角度と歩幅)を伝授し、練習してもらったら
わずかに水が溜まっている状態ながら
全然痛くなくなった、信じられない、と。
私は医者でも整体師でもないから、過信はしてほしくなく
セルフ養生法を毎日やり、足の運びをしっかり意識するよう伝えた。
ということで、彼女も今月から道場に復帰決定。

G7去っても危機は去らず、、、ライブ2本決定、、、

2023/5/27(土)

吐き気を催すような欺瞞だらけのG7が終わり、こちらの業務も通常モードに戻りつつある。
だが、これで世界に平安が訪れることなどない。
どころか、間違いなくまた一歩第三次世界大戦へ近づいたし、
ヤバイのは来月5日あたりとされる米国のデフォルト。
だってホワイトハウスの正式コメントですよ。
こういうビンビンに危ない気配が特にこの広島では察知しにくい。
たとえば5月初めに公共施設でもマスク着用義務はなくなったはずだが、
広島はいまだ着用率日本一だと。
他人を思いやる気持ちがあるというより「周りを見て判断する」県民性。
しかも同調圧力が強く、新しい試みを極端に警戒し、ときに非難する。裏でね。
よって、人口の県外流出率もこれまたぶっちぎりの全国1位。
真っ先に滅ぶ可能性大。
お人好しも度を越すと害悪だっつーの。

さて、それはいいとして(いいのか?)
自分としては珍しく、7月と9月、2本のライブをやることにした。
歌いたくてしょうがなく、この2本を待ってはおれないので
来月どっかで短いやつをやらせてもらえないかと
いろいろ当たっているところ。
詳細はまた。

抗がん剤治療終了から3年目の、、、38度線、再び、、、

2023/5/17(水)

抗がん剤治療が終了したのが、2020年の5月。
あれからちょうど丸3年が経過した先週木曜、広島日赤で精密検査を受けてきた。
異常なし。
というか、体の具合がどこも悪くないどころか、かなり快調だし
仮に不具合が見つかったとしても、抗がん剤治療や
どっかを切ったり貼ったりすんのはもういいかなと。
治療終了直後、腫瘍の残骸が結構残っており(なにしろデカかったもので)、
医師から「これはずっと残るかも」と言われていたのだが
半年前の検査では縮小がはじめて確認され
それが今回さらに小さくなっていたのは
1年前から習慣化した、重曹クエン酸に天然塩を加えた特製ドリンク効果と勝手に思っている。

もうひとつ近況。
隠れた名曲(笑)「38度線」のレコーディング作業に入った。
現在、東京の盟友Oクンがオケを作ってくれている。2週間、聞きまくり、気付いた修正点をいくつか
きょうメールで送った。
一音楽ファンとして、あらたな曲との出会いを期待して最近はラジコをよく聞いているのだが
ほんとゴミみたいな曲ばかり。
こんなのを求める者が大勢を占める国に住んでいることにあらためて愕然とするが
私は正気を保ちたく、Oクンからの申し出を受けて(嬉しかった)「38」に
向き合っているわけだ。
人がどう思おうが私はミュージシャンである。先日、広島美術館でピカソとゴッホを見て
ますますやる気になった。一矢報いたい。

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR