FC2ブログ

目標を確実に達成する事業計画書の作り方

2018/10/15 月曜日

11月開催予定の、超実践マーケティングセミナーシリーズ第3弾となる「目標を確実に達成する事業計画書の作り方(仮称)」のプログラムコンテンツが、ほぼ出来上がった。

一応、これまで僕のマーケティングセミナーを受講されたことがある方が対象だが、そうでない経営者や個人事業者にも理解しやすい内容と思う。

「ジョジョ」の話も絡める予定(笑)。

というか、僕のクライアントにもここまでは教えていない、日本最強グレードを自負する。

日時や料金、場所などはまだ未定だが、おおまかな人数を把握したいので、参加希望者や興味のある方はメッセージでどうぞ。
ひょっとしたら大きめの会場が必要かもしれない。

以下詳細。

小林カズヒコの超実践マーケティングセミナーシリーズ第3弾!!
「目標を確実に達成する事業計画書の作り方(仮称)」
数々の経営難企業を再生させたマーケティングコンサル小林カズヒコが、人生の指針となる必勝の事業計画書づくりを伝授。潜在意識にダイレクトに働きかける独自のコーチング技術を組み込んだ、「望む未来への確かな地図」を手に入れましょう。

理論編(1)「ゴール達成の仕組みを知っておこう」
なぜ事業計画書が必要か/これまでの事業計画書の書き方には重大な欠陥があった/銀行に融資を依頼する場合の事業計画書と夢を叶えるための事業計画書の違い/ゴールを「現状外」に設定しなければならないこれだけの理由/足を引っ張るドリームキラーはこうして防げ

理論編(2)「次元のサーファーになろう」
時間は過去からではなく未来から流れていることを一瞬で理解する/未来がすでにあることはあなたのスマホでカンタンに立証できる/プロジェクトは名前がついてこそ機能する/「次元が違う」という言葉の本当の意味/現実と呼ばれるものには、ただの現実と明晰現実の2種類がある/世界の一流もやっている「明晰現実」の選び方

実践編「行動する前にやるべき準備とセルフコントロール」
マインドマップを超えるオクターヴマップで理想をビジュアライズし、イメージの限界を打ち破る/A4サイズ1枚のエレガントな事業計画書/環境を変え、理想の次元へと導く自分の分身「スタンド」を発現させよ/ミッションを見失わないためのマイ神棚を用意する(スピリチュアルとは無関係)

写真:当アジトの屋上ミーティングルーム「トリノス」に遅ればせながら時計を設置(笑)。最近稼働率がものすごく高く、来た人の評判もいい。少人数のセミナーもここでやることにした。
DSC07138.jpg
スポンサーサイト

合唱コンクール、、、レジリエンス(復元力)は発揮できるのか、、、

2018/10/14 日曜日

セガレの中学の合唱コンクールへ。
場所はなぜか、安佐南区民文化センター。この中学は全学年全クラス(といっても附属なので7クラスしかないが)、合唱レベルがハンパなく高い。
セガレの組は、発声、ハーモニー、音程など、親バカで言うのではなく、文句無しにトップだったが、帰ってから結果を聞くと銀賞だったと。
納得できん(笑)。
生徒同士がジャッジするので、派手っぽいのが金賞をとるらしい。

写真:きょうの日経新聞。
この新聞の性格上、日本企業は常に「大丈夫なふり」を装ってきたが今年に入って、赤裸々に本音を吐露する経営者が激増。
もう、きれいごとを言う余裕はどの企業にもないのだ。

もともと日本人は凄まじいレジリエンス(復元力)を備えた民族であるが、それを発揮してきたのは
「焼け野原」になってからだ。

しかし、近い将来おとずれるであろう経済的焼け野原は性質がまったく異なるものだ。

立ち直れずに「ずっと焼け野原」の可能性がある。
だから、今から準備しておくのだ。
写真

カラスに勝つ、、、ぬるま湯は自然界におても危険である、、、

2018/10/13 土曜日

先日「カラスが緊急時に発する鳴き声」を、テレビでやっていて、密かに練習してきたのだが、朝、当オフィス屋上に集結していたカラスに試してみると見事、逃げよった(笑)。
カラスに勝った(^-^)/

今週一週間は、かなりの数の経営者と懇談した。
そのうちの何人かには、僕がシンクタンクから有料で入手している情報を分析した予測も話した。

すると「さすがよく勉強されていますね」と言われたりするのだが「いや、社長こそ、もっと本読んで勉強してくださいよ」と。
今年初め、起業経営者を集めての恒例の未来予測セミナーで「広島の経営者さんは本を全然読まれないので心配してます。今年は球場へカープを応援しにいく回数を減らしてでもインプットの時間を確保してほしい」と念押しした。

笑った人もいたけど僕は真剣だ。

望む未来を選び取るとは、そういうことだからだ。

新しい何かを手に入れるには、昨日と同じ場所からニコヤカに立ち去る必要がある。
「適度に心地いい環境」は、自然界においても危険なのだ。
ブルガリアン

中小企業同友会へ入会を決意、、、フロレンシア・ルイス&ヤヒロトモヒロ、、、

2018/10/12 金曜日

午後イチ、近所の某経営者が二人いらっしゃり、地元の中小企業同友会の入会を勧められ、入ることにした。

僕のミッションは「地球上の若者や子供達が未来に自由に夢を描ける世界の構築」であり、その子供達の祖であるオトナにたいしての「地域社会への貢献」もそこに包摂される。

コンサルになって数年。

経済の大変動期に入った今生き抜く可能性があるのは、時代のニーズにフレキシブルに対応できる、小規模の企業や個人事業者だ。

要望があれば彼らの支援も積極的に行う所存。

そのための格安の支援パッケージも新しく用意したわけだ。

夜、流川PICOにて「フロレンシア・ルイス&ヤヒロトモヒロ」のライブ。
フロレンシアさんはアルゼンチンのシンガーソングライター。そのメロディにそのコードは普通使わんな、という独自の楽曲で、透明感のあるエレキギターとの絶妙なアンニュイ感、ヤヒロさんの超絶パーカッションと相まって、見たことのない世界観に浸れた。
いや、素晴らしかった。
案外、正規の音楽教育を受けた方なのかもしれないね。
写真 5

資格を取れば一生食いっぱぐれないことなどあるわけがない

2018/10/11 木曜日

終日、セミナーの準備、打ち合わせ、新しく展開する個人事業者向けコンサルの下調べなど。

脱サラして起業した人が、うまくいかないケースが異様に多いのは「資格を取れば一生食いっぱぐれない」というようなキャッチで、資格取得を勧める業者が後を絶たないことと無関係ではない。

実際、公認会計士、行政書士、社会保険労務士、税理士、司法書士まで完全に供給過多となっている。

また、整骨院と整体院を合わせると約10万店にまで近年急増しており、これはコンビニの数の約2倍以上だ。

ビジネスが需要と供給で成り立っているのはいうまでもなく、そこへまたAIによる「人力」との代替が始まると、少々のことでは生き残れないだろう。

それでも、ちゃんと方法はあるのだ。
僕はクライアントにそれを証明したい。

写真:これまた強烈なミュージシャンを知ってしまった。とはいえ、すでに亡くなられた方なのだが、日本最後の瞽女(ごぜ)と呼ばれた、小林ハルさん。
先日のミュージシャン向けマーケティングセミナーでも語ったのだが、ミュージシャン自身の磁力を高めるための訓練あってのマーケティングであり、マーケティングをやりさえすれば、どのようなヘボでも売れるというような話ではない。
小林ハルさんの場合は自らに訓練を課したというより「運命(さだめ)」に近いかも。あまりにも過酷。しかし、それを知らなくても、YouTube映像で見ることができる彼女の歌は凄まじかった。
ミュージシャンはこうありたい。
DSC07130.jpg
プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR