fc2ブログ

無自覚のループ

2021/11/30(火)

午後、広テレにて某番組コーナーのレギュラーナレ収録。

さて、変異株オミクロンが騒がれはじめている。懲りないね。
今回のコロナ騒動で、この国のダメっぷりが余すところなく顕現した。
歴史学者の與那覇潤氏が指摘しているように、普段は日本のタテ社会や同調圧力を揶揄しながら、いざ政府が自粛を要請するや、妥当性をまったく吟味せずあっけなく追従した人がなんと多かったことか。
今ちょうどNHK朝ドラで、第二次大戦のビフォアアフターを描いているが、戦争に行けと言われれば我が子を差し出し、鬼畜米英と言えと言われれば我先にと唱和し、竹槍の練習に励んだ日本人のメンタリティと寸分も違わない。
ワクチン打てと言われれば打ち、副反応の有無で盛り上がると。
学者、知識人、ほとんどが論戦を避け、ただの太鼓持ちと化した。
個人的に残念だったのが、表現者、とくにロックミュージシャンからの異議申し立てが皆無だったこと。
日本人はいつまでこういう無自覚な反復を繰り返すのだろうね。
DSC09363.jpg

スポンサーサイト



つながり感

2021/11/29(月)

月イチで「経営者のための実戦マーケティング講座」を寄稿させてもらっている広島経済レポートさんのオファーで、ミニセミナーの講師を担当。
受講生は経レポの読者さんの選抜9名。そろぞれ企業の広報担当だそうだが、みなさんお若い方ばかり。
さて、会場となったのはRCC文化センター。今をさかのぼること30数年前、ここでアナウンススクールを受講して以来だ。
ちゃんと繋がっているな。無駄なことは一つもないよ。
IMG_3985.jpg

2年半ぶりの京都

2021/11/21(日)

能の謡の師匠、杉浦豊彦先生の定期公演を観に、オタマと、新幹線の午前中の便で京都へ。
京都駅で名古屋在住のオタマの姉、Nちゃんと合流し、3人で平安神宮界隈を散策。
2年半前の春、やはり杉浦先生の定期公演を観に来た時は、目眩がしそうなほど桜がそこかしこに咲き乱れていたが、今回は紅葉だ。京都には歓迎されているな。
父方の先祖の系譜をたどってゆくと、500年〜400年前あたりまでは確実に京都に暮らしていたはず。どうにも不思議な既視感があるのだ。
午後からの京都観世会館での先生の公演演目は「松浦佐用姫」。能の中では新しい曲で、現 観世流宗家が数十年前に復曲されたそうな。
いや、素晴らしかった。生きてまた、ここにこれた喜びもあり、感慨ひとしお。

写真:平安神宮の紅葉
DSC09358 (1)

定期検診でCT検査

2021/11/19(金)

3ヶ月おきの定期検診で日赤へ。
CTも受けて徹底的にチェックしてもらったが異常なし。
いつもなら定期検診はさほど緊張しないのだが、2年前のこの時期に発症したからだろう、
数日前から少々ナーバスになっていただけに、一安心。
というか、今また異常が見つかれば、進めている複数のプロジェクトに影響が出るのは必至だった。
やれやれでございましたとさ。
IMG_3951.jpg

私の本分

2021/11/10(水)

コロナ禍など何処吹く風とばかり、私のクライアントは確実に成果を出し続けてきた。
さらに、コロナの制限の解除が進んでいる今、
まさに堰を切ったかのように富の奔流が起こっているようで
連日クライアントから嬉しい報告が届いている。
で、とうとう「スゴ腕のコンサル」と呼ばれ始めた(今までは自分で言ってた。笑)。
これはこれで嬉しいことで、来年は、この業界での次のステージを目指してみようと思っている。
で、重要なのはここから。
私の本分は「表現者」だ。もっというなら音楽家だ。
忘れ物を取りに行く?
違うね。新しい音楽表現で、私の望む世界を拓くのだ。
F06FADE5-D3CC-436D-98C9-A17E70638683.jpg

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR