涙腺やばし

2018/5/26 土曜日

昨日、FBのお友達数人から「車にはねられると、その日はなんともなくても、翌朝ベッドから起きられなくなることがある」とご心配のメッセージをいただいたのだが、まったく問題なし。
一般人ならそういうこともあるのかもしれんが、毎日我が身体と徹底的に向き合っているのだから、昨日の時点で異変があれば気づいていたはずだ。アルコールも口にしなくなったので、より感覚も鋭敏になっている。

というわけで、清々しい気分で午前中はセガレの中学校の運動会観戦。
この中学は面白いことに企画から当日の進行、運営、ジャッジまで、すべて生徒の手に委ねられており、事故が発生しない限り教師は一切ノータッチという素晴らしさ。
しかし最近は、セガレだけに限らず、行進曲で子供達が入場してくる姿を見るだけで涙腺がやばいね(‘~`;)
DSC06393.jpg
スポンサーサイト

想定内と想定外

2018/5/25 金曜日

午前中、再度RCCへ。火曜日に収録したインフォマーシャルの部分修正(原稿)が発生したため。
初回だから、これも想定内。

その後、想定外の事件が発生。
なんと、35年ぶりに、車にはねられたましたわいの。
午後、八丁堀のYMCAで講演をすべく、チャリに乗って近くの駐輪場を探していたところ、横の路地からいきなりワンボックスカーが飛び出してきたと。
左肩、左脚に車体の硬いボディーの衝撃(やっぱり車は硬いですね)を感じつつ、横に大きく飛ばされながらのわずかな一瞬に次のことを考えた。
1、今から講演するのだから服が破れるような着地はまずい。
2、高い腕時計をしているので受け身をとる左手は、手首が地面に触れぬよう注意すべし。
3、レイバンを改造した特注遠近両用メガネも、吹き飛ばされないよう首で衝撃を中和させよ。
4、おっと、チャリも安くない。俺が横回転する前に右手でチャリのフレームを掴んで地面への直撃を回避せよ。
、、、、通常、このように時間がスローになる時は、大怪我をするのが常であるが、はたして、吹っ飛ばされて横に1回転半する間に、1~4を冷静にやり遂げ、まったくの無傷で立ちあがった。
チャリのハンドルの端が、ちょっと削れただけで、悲しいほどなんともない。
真っ青になって出てきた運転手に対しても「前を全然見とらんかったでしょ。しっかりせにゃあ」と静かに言い諭す余裕もある。
ボディーがめり込んだ脚への衝撃も、兄弟子S氏のローキックに比べたら蚊が刺したほどだ。
一応名刺交換し、忙しいので私はこのままいく。なんかあったら連絡すると伝え、そのままセミナー会場に向かったわけだが、本番中、さっき車に吹っ飛ばされた男がなにごともなかったように講演している図に一人ウケしてしまい、何度も笑いをこらえましたとさ。
写真 4

世界が力を求めている

2018/5/24 木曜日

午前中、某広告代理店氏、来宅。とあるクライアントに対する新規案件を持ちかけられる。
どんなにガタイの大きな企業であっても、経営が傾くときは一瞬だ。で、このクライアントも前々からかなり危ないと見ている。なにか力になれると思う。

午後より、明日八丁堀のYMCAで予定しているセミナーの一人リハ。約40人の聴衆は、ある特殊な国家資格の取得者ということ以外の情報はなし。
いつものように、たぶんうまくいく。
というか、世界は僕の力を求めているのだ、、、ということにしておきましょう。

さて、東京の出版社の編集担当者さんから連絡あり「すごくよくなった」と。順調にいけば、来月からプロの絵本作家による絵の製作に入れるかも。
DSC06394.jpg

「未来の獲物の動き」を想定してわな掛けする

2018/5/23 水曜日

午後イチ、声優仲間で俳優でもある友人(話題の映画「孤狼の血」にも出演)O氏とNHKに行き、とあるドキュメンタリーの日本語吹き替えをそれぞれ二役ずつ収録。
この仕事は、本日水曜日が、たまたま空いていたので先週エントリーしたのだが、複数の応募者の中から最終的に僕ら2名が選出されることは最初から予想していた。
自慢話でもなんでもなく、マーケティングの視点からすれば当然なのだ。
きょうも、とある金融機関から、こちらのアシストによる僕の講演会(隣の市で来月予定)の参加希望者が50名近くになったとの連絡があった。
これも偶然ではない。
わな猟師が「未来の獲物の動き」を想定してわな掛けするのとまったく同じことをやったまで。
間違っても「過去」や「今」の延長線上のアタマではダメなのだ。
レストランに入れば、誰でも自分の欲しいものを注文するように、未来へ「***を持ってこい」と名指ししなければならないのだ。
「自由に生きる」ということを「行き当たりばったり」と勘違いしている輩が多すぎる。

写真:深夜の某ローカル番組に、カープに詳しい東京在住のフリーライターというふれこみで、実弟Yが登場。しかし、もうちょいエエ服着て出ろ(笑)。
写真 8


インフォーマーシャルプログラム初収録

2018/5/22 火曜日

午後イチ、RCCにて、来月からスタートするインフォマーシャルプログラムの初収録。
本日は2週分。
さすがに1回目ゆえ、スタッフはもちろん、クライアントやプロダクションさんもキンチョー気味なれど(あわせて20名近くがやってきた)、僕はといえば、まったくの自然体。
相方の局アナIさんの絶妙なアシストもいただき、いい感じでやれたと思う。
今までと同じことやってもしょうがない。新しい自分を引きずり出してみたい。
d59a3c52.png
プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
コーチ&コンサルティング型クリエイティブオフィス「西瀬戸メディアラボ」代表。メンタル&フィジカルコーチ、マーケティングコンサル、ライター、ナレーター、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR