FC2ブログ

ラッキーというより必然

2019/11/17 日曜日

はい、日曜の朝がやってまいりました。ということでAM6よりNHKFM「FM能楽堂」(笑)。
本日の演目は我が師匠、観世流シテ方の杉浦豊彦先生出演の「楊貴妃」。のっけから杉浦先生の独唱から始まり、あらためてこの先生に入門して大アタリだったなと。
僕もこの9ヶ月でずいぶん耳が肥えたが、いろいろ聞きまくってみて、やはり杉浦先生の声が一番と思う。実にラッキーというより必然だろう。
スポンサーサイト



昼抜きの一日2食

2019/11/16 土曜日

終日あれこれ。

忘備録。
少し前「思うところあり、長年続けていた朝食抜きの一日2食をやめ、朝食ありにした」ことを書いたが、かといって3食にしたわけではない。昼抜きで一日2食はキープ。すでに狙った効果は出ている。
また、朝の日課の養生法も手を入れ、現在はこうなっている。しばらくはこれでいく。

振動気功か西式背腹運動
金魚運動2分
毛管運動(2分>1分>1分の3セット)
合掌合蹠80回〜100回
トリフェクタ(ブリッジ〜L字ホールド〜上体捻り)
火の呼吸

「背に腹は変えられない」は言い訳でしかない

2019/11/15 金曜日

終日、打ち合わせ、コンサル、スカイプによるコーチング。

数日前に書いた「やっかいなオファー」が解決した。たぶん(笑)
最後まで主義を通したが、大理店さんも最大限協力してくれた。うまく行った気がする。大幅なスケジュール変更にもかかわらず原稿締め切りもちゃんと守った。
やっぱりね「背に腹は変えられない」はダメですよ。諦めちゃいけんのです。

脳にダイレクトに介入する

2019/11/14 木曜日

終日、執筆、プランニング、武術指導。

能に関し、尺八奏者の中村明一氏が興味深いことを「密息で身体が変わる」のなかで書いている。
「能という芸能は、意識をイメージの世界に持っていくためのツールではないか。
特殊な倍音と、呼吸またその他のさまざまなパラメータにより、時間の中に空間を組み込み、空間の中に時間を組み込み、時間、空間を歪め、最終的には、脳内へ、または異次元への飛翔を試みた、<間>の芸術である。」
うまい表現と思う。同じ古典芸能でありながら歌舞伎との大きな違いもここにある。能が武士階級の芸能であるのに対し、歌舞伎は一般大衆向けのエンターテインメントであり、それゆえに華飾。
脳にダイレクトに介入しようとする能と、「見せてナンボ」の歌舞伎。
いや、どっちがエライというのではない。日本人というのはすごいなと。

写真:歌舞伎で思い出した。天才木彫家、平櫛田中の6代目尾上菊五郎をモデルにした「鏡獅子」は有名だが、これを完成させるのに、田中は菊五郎をパンツ一丁にしたテスト彫刻もやっており、これを見てなるほどと。菊五郎の下腹(丹田)が膨張した立ち姿は歌舞伎役者というより力士である。
丹田もしくは正中心より発する力を利用するのが武道であり、伝統芸能なのだ。密息もこのカタチをとる。能もおそらく。
onoe.jpg

ゴールの完成形からの逆算

2019/11/13 水曜日

終日、打ち合わせ、コンサル。

かなり厄介なコピー仕事が舞い込んできた。一旦はお断りしようと思ったのだが、一時間ほどぼんやりしていると、出し抜けに解決法がヒラめいた。
これなら、この件に関わるすべての人々を納得させることができると判断し、執筆を受諾。
ゴールの完成形から逆算するので、スラスラ書けそうだ。
プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR